組合長 写真

 本圏域は、昭和45年に奥能登広域市町村圏協議会を設置して以来、日常生活圏の拡大に対応した広域ネットワークの整備、共同処理システムの形成などの地域社会づくりを目指してまいりました。

 合併後は2市2町( 輪島市(わじまし)珠洲市(すずし)能登町(のとちょう)穴水町(あなみずまち) )の構成で、1,000平方キロメートルを超える広大な圏域面積ではありますが、密接な連携のもと一体的な発展を目指し、広域行政を推進しています。

 少子高齢化の進展など、地域を取り巻く環境は厳しいものがありますが、平成15年7月に本圏域内に開港した「能登空港」、平成21年9月にユネスコの無形文化遺産に登録された農耕儀礼「奥能登のあえのこと」、平成23年6月に世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」などを活用し、新たな魅力創出に繋げてきたところです。

 北陸新幹線の金沢開業(2015年3月14日)、能越自動車道の七尾氷見間の全線開通(2015年春)を見据え、圏域市町の一層の連携と協調のもと、のと里山海道の別所岳SAに「奥能登山海市場」を建設し、観光情報の発信などを行い、「活力あふれる 奥能登広域圏」を目指して取り組んでいるところです。

 今後とも限りないご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

奥能登広域圏事務組合

組合長