平成29・30年度 奥能登広域圏事務組合競争入札参加資格審査申請書の受付について

奥能登広域圏事務組合における平成29・30年度競争入札参加資格審査申請書の提出方法は次のとおりです。

1 対 象

   ○ 建設工事及び測量、設計、調査等の業務
   ○ 物品の購入、製造の請負、売払い等
   ○ 建物管理業務

2 宛 名

   奥能登広域圏事務組合長 梶 文 秋

3 受付期間

   平成29月2月1日~平成29年2月28日(郵送も受付します。)
   (ただし、土曜日、日曜日及び祝日は除く。)

4 受付場所

   奥能登広域圏事務組合 事務局
   輪島市三井町洲衛10部11番1(能登空港ターミナルビル4階)
   TEL 0768-26-2314

5 提出要綱及び様式・基準等

   奥能登広域圏事務組合を構成する市町(輪島市、珠洲市、能登町、穴水 町)の例による

6 その他

   入札参加資格審査申請書につきましては、構成市町(輪島市、珠洲市、 能登町、穴水町)の
   様式で提出をお願いします。
   (入札参加資格審査申請書及び使用印鑑届以外の添付書類はコピーで構 いません。)


消費生活首長表明(奥能登広域) (PDF)



組合長 写真

 本圏域は、昭和45年に奥能登広域市町村圏協議会を設置して以来、日常生活圏の拡大に対応した広域ネットワークの整備、共同処理システムの形成などの地域社会づくりを目指してまいりました。

 合併後は2市2町( 輪島市(わじまし)珠洲市(すずし)能登町(のとちょう)穴水町(あなみずまち) )の構成で、1,000平方キロメートルを超える広大な圏域面積ではありますが、密接な連携のもと一体的な発展を目指し、広域行政を推進しています。

 能登空港の開港(2003年7月7日)、能越自動車道の七尾氷見間の全線開通(2015年2月28日)、北陸新幹線の金沢開業(2015年3月14日)などの交通網が整備され、日本各地との時間距離は大きく短縮されました。

 少子高齢化の進展など、地域を取り巻く環境は厳しいものがありますが、ユネスコの無形文化遺産に登録された農耕儀礼「奥能登のあえのこと」、世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」、文化庁の日本遺産に認定された「灯(あか)り舞う半島能登~熱狂のキリコ祭り~」などを活用し、圏域市町の一層の連携と協調のもと、「活力あふれる奥能登広域圏」を目指して取り組んでいるところです。

 今後とも限りないご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

奥能登広域圏事務組合

組合長