「消費者ホットライン」188にご相談ください。

5月18日は消費者ホットライン188の日です。

消費者ホットライン188

 消費生活相談は、取引・表示・安全といった消費者政策の全ての分野の基礎を なすものです。より多くの方々に消費者ホットライン188(いやや)を知っ ていただくため、
5月18日を「消費者ホットライン188の日」して制定し、消費者ホットライン188の普及・啓発を図ることとなりました。

困ったときは、一人で悩まずに、「消費者ホットライン」188にご相談ください。
地方公共団体が設置している身近な消費生活センターや消費生活相談窓口をご案内します。

※詳しくは消費者庁「消費者ホットライン」のページをご覧ください。

情報商材関連詐欺・サクラサイト被害

SNSに簡単にお金を稼いだという「成功者」「起業家」「実業家」などが豪華な暮らしぶりをアップすることで、「自分にも出来るかもしれない」「簡単に稼げるならチャレンジしてみたい」という気持ちになり、その気持ちを利用し契約させて、高額な情報教材費用をクレジット決済、電子マネー決済させるトラブルが急増しています。中には「異性にモテる方法」などのノウハウを提供するサイトなどもあります。

「返金保証」「30名限定」などの広告表示を信用して急いで契約しても、広告にうたわれていた成果は出なかったり、サポートを受けられなかったり、成果がなければ返金すると書いてあるのに返金されないなどといった相談が寄せられています。情報商材の購入は、トラブルが生じる可能性があることを理解し、すぐに契約せず家族や身近な人とよく話し合うことが大切です。

※「必ずもうかる」= 問題のある表示です!

 特に「必ずもうかる」などといった表示がある業者とは絶対に契約しないようにしましょう。

 おかしいなと思ったら、すぐに消費者センターにご相談下さい。

その他の事例情報