カテゴリー: 相談事例

架空請求では?SMS(ショートメッセージサービス)にご注意!

 スマートフォンに「利用料金のお支払いが確認できません。本日中に連絡してください。電話番号 …」という内容のSMS(ショートメッセージサービス)が届いたことはありませんか。

 身に覚えはないけれど、「料金が未払い」と言われると気分が悪いものです。

慌てて電話をかけると、言葉巧みに高額な電子マネーを買わされたり、現金を振り込むよう指示されることがあります。

 昨年話題になった手口ですが、いまだにこのようなSMSが届くという情報が寄せられていますし、被害は絶えません。

 電話をかける前に、請求先との契約関係があるか確認しましょう。契約関係があった場合、SMSに記載された電話番号ではなく、契約先のカスタマーセンターなどに確認しましょう。

 万が一、慌てて電話連絡してしまい対応に困ったときは、消費生活センターに相談しましょう。

■注意するキーワード■

「本日中に」、「24時間以内に」、「大至急」、「最終通告」など、不安をあおる言葉が使われています。

■悪意のあるSMSに登場するサービスの一例■

大手通信事業者(「料金が未納です」)

大手通販サイト(「会員登録内容をご確認ください)」

大手動画サブスクリプションサービス(「会員登録期限です」)

宅配事業者(「不在通知」を装い、偽サイトURLに誘導)

■偽SMSトラブルに合わないために■

  • SMSが届いても、記載されている電話番号へ電話したりURLには安易にアクセスしないようにしましょう
  •  URLにアクセスした場合でも、提供元不明のアプリをインストールしたり、ID・パスワード等を入力したりしないようにしましょう
  • 不正なアプリをインストールした場合にはスマートフォンを機内モードにして、アプリをアンインストールしましょう
  • 偽サイトにID・パスワード等を入力してしまったら、すぐに変更しましょう
  • 迷惑SMSやメール、ID・パスワード等の不正利用への事前対策をしておきましょう
  • 携帯電話会社の対策サービスやセキュリティーソフト等を活用しましょう
  • ID・パスワード等の使い回しはやめましょう
  • キャリア決済の限度額を必要最小限に設定するか、利用しない設定に変更しましょう

「コロナで困った!助けて欲しい!」 強引な勧誘にご注意

 新型コロナウイルス感染拡大によって観光客が減り、観光地でカニなどの魚介類を購入する人が減っています。近頃は、新型コロナウイルスの影響で売上げが減少している事業者への同情心を利用し、「コロナで経営が苦しいので、助けて欲しい!」などと訴える電話勧誘が増えています。中には、強引な勧誘で魚介類を購入させる悪質なケースがあり、以前から「カニカニ詐欺」などと呼ばれています。

 

 連絡先を言わない、話の内容に嘘があるなど、不審な点があった場合には、きっぱりと断りましょう。

 対応に困ったときは、消費生活センターへご相談ください。

■買うと言ってしまったけれど、取り消したい・・・

業者からかかってきた電話で契約した場合、特定商取引法に定める「電話勧誘」に該当します。よって、契約書等を受け取った日から数えて8日間はクーリング・オフ(無条件解除)ができます。クーリング・オフについては、こちらをご覧ください。

■断ったのに商品が届いた・・・

購入を承諾していないのに商品が届いた場合は、受け取りを拒否しましょう。できれば、送り主の名称と住所をメモしましょう。

もし受け取ってしまった場合でも代金を支払う必要はありませんが、商品は14日間は保管しましょう。

【参考】

「お試し価格」で購入したら「定期購入」だった

健康食品や化粧品などの通信販売で、「初回無料」や「お試し価格」の広告に惹かれ、思いがけず「定期購入」の契約をしてしまったというトラブルが増えています。

注文を確定する前に、契約内容を念入りに確認することが必要です。

【事例 お試しサプリメントは「定期購入」だった】

動画投稿サイトの動画広告を見て、お試しのサプリメント(500円)を購入した。

1か月後、再び商品が届き6,980円を請求された。定期購入と知らなかったので、返品したい。

【センターの対応】

センターでサプリメントの広告を確認したところ、「30日ごとに自動発送される定期便であること、最低4回以上継続をお願いしていること、4回受け取った場合の合計金額、3回以内の途中解約の条件」が案内されている。更に、申し込み確認画面にも同様の記載がある。

適切に条件が記載されているため、定期購入の契約が成立していることになるため、この条件に従って交渉するしかない。

【通信販売を利用する際のポイント】

通信販売は、一定期間内に無条件の契約解除を認めるクーリングオフの対象外です。

注文を確定する前に、「最終確認画面」をよく確認しましょう。

商品の内容は?価格は?支払い総額は?

「定期購入が条件です」などの記載はありませんか?

また、スマートフォンのスクリーンショットなどで、契約内容を保存しておきましょう。

定期購入の場合は、契約期間中の数量・支払総額を記載すべきところですが、この例では初回分の数量、金額しか表示されていません。

契約内容の記載をしっかり確認しましょう。

小さくて読みにくい、リンク先でないと確認できない、容易に認識できないほど離れた場所に表示されているなど、確認しにくい場合もあります。

未成年による保護者の同意のない契約は、民法に基づいて取り消すことができます。ただし、年齢を偽って契約した際は、取消ができない場合があります。

【事例 未成年が動画広告をみてダイエットサプリを定期購入してしまった】

動画投稿サイトの広告を見て初回500円のダイエットサプリを注文した。届いた荷物を開封し納品書を確認したところ、定期購入であることがわかった。

【センターの対応】

業者に電話して未成年者取消を申し出てみるよう助言した。

本人が業者にメールで未成年者取消を申し出たところ認めてもらえたので、初回の500円だけ支払い解約することになった。

最近は動画投稿サイトの広告から販売サイトへ行き、このような契約をしてしまう事例が増加しています。

新型コロナウイルス感染症の影響で在宅時間が延び、動画を視聴する機会が増えています。さらに、「新しい生活様式」の中で人との接触が少ない通信販売の利用が推奨されています。

利用する際は、契約内容や解約条件を念入りに確認しましょう。

【参考】